干物女が意識高いことを書くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

ロンドンに2泊3日の小旅行に行った時の話

ダブリンに語学留学していた時、イギリスはロンドンに2泊3日の旅行に行きました。

 

正直、当時はイギリスという国にあまり興味がなく(通貨も高いし)、ロンドンのような大きい都市に苦手意識がありました。今でもそうですが。

でも行かざるを得ない事情ができたのです。

 

そう、とある国産オンラインゲームのイベントがあったのです!

ゲームの開発者に会えるイベントって、とても貴重です。

 

 

せっかくアイルランドにいるのだから、これを機にお隣のイギリスにも行ってみようということで重い腰を上げ足を伸ばしました。次いつ行けるかわかりませんしね!

 

Ryanairでダブリン→ロンドン(Luton)のフライトです。

 

f:id:anthy_p:20170408232019j:plain

 

ルートン空港はロンドン中心部からかなり外れたところにあるので、事前にシャトルバスを予約しておきましょう。めちゃくちゃバス酔いをして吐く寸前だったのはいい思い出です。

 

 

到着した日のディナーは、私の中で恒例となっているギリシャ料理レストランへ。ムサカが大好きなのです。

 

 

f:id:anthy_p:20170408233210j:plain

 

こちらのAndy’s Greek Taverna Londonというギリシャ料理レストラン、ウェイターさんがいい人で気持ちよく食事ができた記憶があります。ムサカもボリューミーでクリーミーでとても美味しかったです。

 

 

さて、ロンドンで2泊したホテルは、Qbic Hotel London Cityという奇抜なホテルでした。アムステルダムにもチェーンがあるホテルだそうです。

 

 

部屋はこんな感じです。清潔感がありますが、見て分かる通りかなり奇抜です。落ち着かない。

 

f:id:anthy_p:20170408232621j:plain

 

一人の旅行でも、でかでかとしたお姉ちゃん3人の写真が見守ってくれているので、一人じゃねえよ...感がありました。

 

 

肝心のゲームのイベントはとても賑やかで楽しかったです。こんな遠い国にも同じ趣味を持った人がたくさんいると思うと、なんだか嬉しい気持ちになれます。

 

f:id:anthy_p:20170408232753j:plain

 

iPad miniを落として画面を割ってしまったのも良い思い出。

 

 

さて、イベントを終えると、翌日はもうダブリンに帰る日です。今思えば、あと1泊くらいしてゆっくり楽しめばよかったなぁと思います。

ロンドン・アイも、ビッグベンも見ないで帰国するという...。フレッドペリーでお買い物もしたかった...。あの頃ユーロもポンドもかなり高かったので、財布の紐を締めすぎていました。

 

 

見ることができたのは、

 

・ロンドン橋(London Bridge)

f:id:anthy_p:20170408234036j:plain

 

テムズ川にかかる橋。ロンドン橋落ちた♪の橋です。歌で有名ですが、他の有名なタワーブリッジやウェストミンスター橋と比べると地味ないでたちですね。

昔グリム童話(ホラー)にハマっていた頃がありまして、ロンドン橋の話も好きでした。おお〜これがロンドン橋!上に走っているあのロンドンバスを見るとわかりますが、結構大きい橋です。

 

 

・タワーブリッジ(Tower Bridge)

f:id:anthy_p:20170408234800j:plain

 

ロンドン橋周辺に写真を撮っている人はみかけませんでしたが、こちらには写真を撮っている人がたくさんいて、私も知らないお兄さんに写真撮影を頼まれたりしました。

すごく大きい橋です。近くで見ても遠目でみてもとても美しい橋です。

よくこちらがロンドン橋と勘違いされているそうですが、タワーブリッジです。

 

 

・大英博物館(British Museum)

f:id:anthy_p:20170408235323j:plain

 

ロンドンといえばここでしょ!私の祖母が大英博物館に行った思い出を繰り返し話してくるので、ロンドンに行くなら大英博物館に行かなければならないと自然に刷り込まれていました。

 

無料で入れる、世界最大級の博物館です。かなり急ぎ足でまわりましたが、じっくりみるなら丸一日かかるであろうスケール。

 

f:id:anthy_p:20170408235446j:plain

 

一歩踏み入れると、結構近代的な感じがします。ホールで民族音楽のショーのようなものがやっていたり、無料でみられることに驚き。

 

f:id:anthy_p:20170408235554j:plain

 

こちらすごい人だかりのロゼッタストーンです。たぶんいちばんの目玉なんですかね。

 

f:id:anthy_p:20170408235823j:plain

 

個人的にお気に入りのクリスタルスカル。とっても透明感があってきれいです。

 

ちなみに館内は、小さくてもキャリーケースの持ち運びはダメなので、クラークに預ける必要があります(注意されました。すみませんでした)。確か支払いが現金のみの受付けだったので、荷物がある人は現金を準備して臨みましょう。

 

 

私が行くことができた観光名所と呼ばれる場所は、以上になります。

 

あとは、ロンドン地下鉄 Tubeに乗ったり

 

f:id:anthy_p:20170409000315j:plain

 

結構乗り心地が良かったです。

 

 

本場のクリームティーを頂いたりしました。

 

f:id:anthy_p:20170409000452j:plain

 

 

内装がとってもかわいいカフェで、ハムが挟んであるクロワッサンも非常に美味でしたが、大好きなスコーンを本場で食べることができたのはいい思い出です。

スコーンの真ん中を割って食べるというのを当時知らなくて、かなりボロボロこぼして食べたような記憶があります。恥ずかしい...。

 

 

 さて、ロンドンの良さ・見所の3割も見れなかったような小旅行でしたが、普段は日程に余裕を持ってのんびり旅行をするので、こういう弾丸スタイルはタイトで忙しく疲れました。しかし、それはそれで楽しかったです。

 

最近はイギリスの通販サイトにお世話になる機会が多くて、勝手にイギリスに対して親近感を持っています。

また機会があれば、今度はゆっくり見てまわりたいです。