干物女が意識高いことを書くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

【レビュー】ブルジョワ 123パーフェクトCCクリーム

 Feeluniqueで購入したブルジョワの「123パーフェクトCCクリーム」のファーストインプレッションです。

 

現在時短ベースメイクではアユーラのBBクリームを使用しているのですが、そろそろ使い終わりそうなので、買い置いていたこの123パーフェクトCCクリームを使用してみました。

こちら、Lisaのメイクチュートリアル動画で絶賛されていたので、気になっていたのです。

 


 

こちらが現品です。チューブタイプの容器入り。個人的に、ハサミで切れるチューブタイプはポイントが高いです。

 

f:id:anthy_p:20161229150745j:plain

 

これ1本で7つの機能(美容液、乳液、化粧下地、カラーコントロール、ファンデーション、UVカット、毛穴カバー(メイクアップ効果))をもち、ナチュラル美肌を演出するCCクリーム。3色のカモフラージュピグメントが色補正して、肌の欠点をカバーします。肌に透明感をもたらして肌トーンがアップ。保湿効果&エモリエント成分や、水分ベース30%で、うるおいが長時間持続します。

(@コスメより)

 アプリコットカラーが疲労感を、グリーンが赤みを、ホワイトがシミ・ソバカスを目立たなくしてくれるカラーコレクター(CC)だそうです。

 

私が購入した色は31 Ivoryです。展開されている色の中で一番明るい色で、Lisaが動画で使用しているものと同じ色ですが、私の肌だとこちらでぴったりでした。明るすぎないか心配でしたが、杞憂でした。

ちなみに、RMKリクイドファンデーションは102、ブルジョワヘルシーミックスセラムファンデーションは52 Vanillaを使用しています。

 

f:id:anthy_p:20161229150744j:plain

 

同ブランドから発売されている、ヘルシーミックスセラムファンデーションと比較した感想を主に書いていきたいと思います。

 

 

使い方と使用感

■におい

なんともうれしいにおいなし!

個人の好みとして無香料のものが好きなので、正直この時点でヘルシーミックスセラムファンデーションよりかなり評価が高いです。

 

■使い方

SPF15なので、外で活動するとかでなければこれ1本で十分です。下地も不要とのことで、スキンケア後すぐこちらを乗せることができます。時短メイクにもってこい。

 

■使用感

f:id:anthy_p:20170215185344j:plain

 

f:id:anthy_p:20170215185343j:plain

 

f:id:anthy_p:20170215185342j:plain

右半分に付けています。

 

ヘルシーミックスセラムファンデーションと比較すると、テクスチャはたいぶゆるめで、軽い付け心地です。ヘルシーミックスセラムも軽いつけ心地なのですが、それより軽いように感じます。

ヘルシーミックスセラムはセミマットの仕上がりで、時間が経つにつれツヤ感が出てくるファンデーションですが、こちらは付けたてからツヤ感とみずみずしさのある仕上がりになります。

 

CCクリームなのですが、普通にファンデーションのような商品ですので、カバー力もそこそこあり、ちょっとした赤みや毛穴はきれいに隠してくれます。目の下の青クマのカバーは、ヘルシーミックスセラムよりこちらのCCクリームの方が効果が高いように感じました。

軽いCCクリームなので、カバー力が欲しい人はこれを下地にして次にファンデーションを乗せてもOKです。しかし、これ1本でもナチュラルなベースメイクが仕上がるので、ナチュラルメイクを好まれる方は単品使いで十分かと思われます。

 

 

ヘルシーミックスセラムファンデーションとの比較を簡単にまとめると、

カバー力  123CC≧HMS(僅差、青み補正は123CCの方が若干あるかな?)

軽さ    123CC>HMS

仕上がり  123CC≧HMS(ツヤ感かセミマットか、お好みで)

使いやすさ 123>>HMS(個人的に無香料である点が強い)

     HMS>123CC(HMSの方が色の展開が多い)

モチ    HMS>123CC(123CCの方が目の下のヨレが目立った)

 

総評

ヘルシーミックスセラムファンデーションもRMKリクイドファンデーションも並行していろいろ愛用しているところですが、またベースメイクのお気に入りが増えてしまいました。

日本円で1,400円ほどのいわゆるドラッグストアコスメですが、いやあ...4,000円以上するデパコスBBクリームを使っていたのはなんだったんだろうという気すらしてきます。

もちろん、それにはそれ、これにはこれのいいところがありますがね。安いことに越したことはないのですよ…。

 

先述のとおり、ファンデーションより目の下のヨレが認められましたが、工夫次第でなんとかなりそうなレベルでした。全体的にとても使いやすいCCクリームです。

問題が起こらない限り、時短用ベースメイクは123パーフェクトCCクリームを愛用していこうと思います。

 

 

定価 £9.99

全成分

水、カプリリルメチコン、ジメチコン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、メチルトリメチコン、PEG-10ジメチコン、プロパンジオール、オクテニルコハク酸デンプンAl、異性化糖 、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジステアルジモニウムヘクトライト、フェノキシエタノール、塩化Na、ビス(PEG/PPG-14/14)ジメチコン、ステアロイルグルタミン酸2Na、香料、炭酸プロピレン、酢酸トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、チャ葉エキス、パンテノール、シリカ、水酸化Al、イソセテス-10、リゾレシチン、クエン酸、クエン酸Na、BHT、PEG/PPG-18/18ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、パントラクトンフェネチルアルコールトコフェロールテトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル、(+/-)マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化クロム