干物女が意識高いことを書くブログ

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

ノルウェーからいろいろ届きました

シナモンロールの君、ノルウェーのフレくんと小包のやり取りをしました。

 


もうメル友になってから5か月程になるのか…と驚く。

いつもぎっしり長文が返ってきて、30分くらい頭を絞りながら返信を書いていますが、こんな拙い英語表現に根気良く付き合ってくれるメル友たちに感謝するばかりです。

 

 

さて、時々バイキングの血がうずいているフレくんは、ゲームとアニメが大好きで世界情勢に関心があるとても礼儀正しい優しい人です。日本料理を作りたいのに材料が手に入らないということで、じゃあ送るよ!とやりとりの流れに。

 

私が欲しい頼んだものは、マグカップと、キャラメルの味がすると言われているゴートチーズ…。さて、どんなものが届くのか...!

 

 

オープン!

 

f:id:anthy_p:20170126191708j:plain

 

開けた瞬間に深呼吸を忘れるという失態を犯した私。

頂いたものを並べてみると…

 

 

f:id:anthy_p:20170126191707j:plain

 

おお〜〜〜!テンションが上がります。

 

 

びっくりしたのが、A4用紙2枚にびっしり書かれた手紙と、マグカップが2つも入っていたこと!

 

f:id:anthy_p:20170126191705j:plain

 

スカンジナビアンなデザインのマグが欲しいとたんだところ、こちらを頂きました!ふむ、これがノルウェー人である彼が思うザ・北欧デザイン!森チックで大変かわいいデザインで癒されます。大きめで非常に使いやすく、後ほど紹介するココアにぴったり。

 

 

f:id:anthy_p:20170126191706j:plain

 

こちらはなんとムーミンのマグ...。

どちらもフィンランドの有名な陶器メーカー「ARABIA」製のマグカップ。このふたつだけで日本円で5,000円近くしますが...。高価なものを頂いてしまってかなり恐縮しています。

本人は選べなかったから2つ送ってくれたそうですが、そんな優しさが申し訳なくなる...!

 

 

f:id:anthy_p:20170126191703j:plain

 

こちらはそのココア!おすすめということで頂きました。

そんなに甘くないココアと聞いていましたが、森永ミルクココアと同じ感じで優しくて安心するお味。よりまろやかでコクがある感じがしました。そしてこの筒の入れ物はいいですね。

ノルウェーのフレはこれに砂糖を加えると言っていました。欧米諸国民の甘党っぷりには時々驚かされます。

 

 

f:id:anthy_p:20170126191702j:plain

 

こちらはポテチ!このポテチの中毒らしく、おすすめということで頂きました。袋を触ってみると、中でチップスが粉々になっているのがわかります。

分厚くて変わった食感のポテチです。なんていう味なんだろう、ピザっぽいのにしつこくなく、素朴で美味しかったです。

 

 

f:id:anthy_p:20170126191704j:plain

 

こちらはリクエストしたブルノスト(Brunost)というヤギチーズ。でかいです。

カナダで食べたゴートチーズは臭くて苦手だったのですが、こちらのブルノストはキャラメルのようなチーズと聞いて興味がそそられました。

実際食べてみると、キャラメルとまでは言いませんが本当に甘くて滑らかでびっくり。これは味わったことのないチーズです。

 

 

f:id:anthy_p:20170126191701j:plain

 

こんな感じでキューブにして食べてみましたが、一度にたくさん食べると酔ってきます。

 

一緒に送られてきた謎の金属ツール(2枚目の写真参照)は、チーズのスライサーらしく、このチーズを薄くスライスしてトーストにのせて食べるのだと教えてもらいました。チーズスライサーは見たことがなかったので、ケーキをお皿に取り分ける道具かとナチュラルに思いました。なんて便利な道具なんだろう。

焼きあがったトーストに、薄くスライスしたこのチーズをたくさんのせて少し熱を通したら、とっても美味しいチーズトーストの出来上がり。チーズと甘いスプレッドの中間みたいな濃厚な味で、とっても美味しかったです。これはハマります。

 

 

その他、チョコレートとクッキー、スウェーデンのマシュマロのようなお菓子を頂きました。

以前ドイツのフレから頂いたお菓子もまだ食べ終わっていないので、ゆっくり楽しませてもらおうと思います!

 

ちょうど1月末が私の誕生日だったのですが、とても素敵なプレゼントになりました。海外旅行に行った気分になれる小包のやりとり、やはりとても楽しいです。