干物女が意識高いことを書くブログ

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

恐怖!日本一高い観覧車「OSAKA WHEEL(オオサカホイール)」に乗った...よ

雨の休日、万博記念公園に遊びに行き、「OSAKA WHEEL(オオサカホイール)」に乗ってきました。

 

 

オオサカホイールはひとまず置いておいて、エキスポシティ内にある「NIFREL(ニフレル)」という水族館が思いの外とても良かったです。

 

2015年11月に開館したばかりの新しい水族館で、なんと水族館の大御所「海遊館」がプロデュースしている水族館。ライトが控えめの暗い海遊館とは真逆の、とても明るい水族館ですごくオシャレな感じでした。

全体的に、あまりみないような魚が多かった気がします。

 

f:id:anthy_p:20170110215804j:plain

GUCCIにありそうな柄

 

 

f:id:anthy_p:20170110215853j:plain

タツノオトシゴ!さて何匹絡まっているでしょう

 

 

ドクターフィッシュ体験もありました。初体験でしたが気持ちよかったです。

 

 f:id:anthy_p:20170110215930j:plain

 

 

 そして、歩いていると開けたカフェスペースになんとホワイトタイガーがいるというサプライズ。水族館にトラ!?個人的に、トラ、しかもホワイトタイガーは非常に大好きな動物なので大興奮でした!

 

f:id:anthy_p:20170110220134j:plain

 

基本はだらだらしているトラですが、飼育員さんがトラをトラのぬいぐるみ(売店で販売中)で誘って、活発に動かしてくれました。

なんと、私たちがトラを眺めている場所の真上が網状になっており、そこをトラが移動するのをみることができます!トラのお腹を真下からみられるなんて素晴らしい仕組みでした。

 

 

そのほか、めっちゃ近くでみることができるワニさん。微動だにしません。

 

f:id:anthy_p:20170110220550j:plain

 

 

スーパー愛らしいミニカバ。むちむちしてて愛くるしかったです。

 

f:id:anthy_p:20170110220642j:plain

 

 

謎の目玉商品「食べる水」。無重力空間に浮かぶ水のようなものを想像していたのですが、ほんのり甘いゼリーのようなデザートでした。

 

f:id:anthy_p:20170110220721j:plain

 

 

カフェエリアを抜けると、鳥類やワオキツネザル、ビーバーやカピバラさんなどが縦横無尽に展示されているエリアに着きます。

生き物たちとの距離がとても近くて、ほとんどガラスなどの間仕切りがない空間で生き物をすごく身近に感じることができる展示でした。頭の上を鳥が飛んで行ったり、大きい鳩が通路を散歩していたり楽しかったです。

 

ニフレル、とても楽しかったです。ホワイトタイガーだけでもポイントがかなり高いですが、また行きたいと思える水族館でした。

 

 

さて、話題は問題の「OSAKA WHEEL(オオサカホイール)」に移ります。

 

f:id:anthy_p:20170110221539j:plain

 

私、決して高いところが好きとかではないのですが、ハルカスやスカイツリーなど、日本一高いというものに興味をひかれてしまいます。

オオサカホイールは高さ123mの、日本一高い観覧車。しかも、全ゴンドラが床面シースルーというある種の度胸試しのようなヤツ。

 

当日は雨が降っていて、幸か不幸か待ち時間0分。

記憶がある限り人生初の観覧車...。ハルカスとスカイツリーのガラス張りの床で足が震えまくった私が、果たしてちびらずに帰ることができるのか。

 

 

いざ乗ってみると、暖房が効いていてとても暖か。そして、本当に床面がシースルー。しかし、完全にクリアなガラスではなく、外気温差かガラスがもともとそうなのか、白く濁った床だったので、一応床の存在は認識できるためそこまで恐怖ではありませんでした。晴れの日の明るい時間帯だと相当怖いだろうなあ...。

 

f:id:anthy_p:20170110222419j:plain

 

 

そして、観覧車というもの、揺れます.........。ガタガタ揺れるわけではなくほんのちょっと揺れることがあったのですが、それでもめちゃくちゃ怖かった。

上れば上るほど、揺れが大きくなる気がして、正面を向いていないとどうしようもなく怖いという事態に。背後なんて振り返ることすらできません。太陽の塔がどんどん低くなって行きます。

 

f:id:anthy_p:20170110222353j:plain

 

正直、上りの時は余裕がほとんどなく、あまり記憶が残っておらず...。

降りる時は嬉しさで余裕がでてきて、いろいろ見回すことができました。

 

1周約18分。長かった!ちびらず帰還。

 

経験を積めばもっと余裕で乗れるのかな...でも正直もう乗りたくないです。高いところが大好きな人、吊り橋効果を狙いたい人には超おすすめします。

 

 

結論:観覧車は外から眺めるもの。

 

f:id:anthy_p:20170110222627j:plain

 

 

1日じゃ遊び尽くせないエキスポシティ、とても楽しかったです。