干物女が意識高いことを書くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

すっきり丁寧なメイク落とし習慣「トリプルクレンジング」を始めました

...と言っても、LisaのMakeup Removal Tutorialをほとんど模倣したものになりますので、下の動画を見てもらうとより良く分かります。

 

もう6年前の動画なので、最新のチュートリアルが気になるところ

 

用意するもの

・肌当たりの良いコットン(大判がベター)

・クレンジングウォーター(ビオデルマ使用)

Lisaの動画では、「Bioderma Crealine H2O」とありますが、日本で流通している「サンシビオ H2O」と同じものだそうです。

・いつものクレンジングオイルやクレンジングミルクなど

 

場所

洗面台で行います。

 

手順

①コットンにビオデルマを浸し、アイメイクとリップメイクを落とす

この時、コットンを優しくまぶたにあてがい、決してゴシゴシ擦らず、アイメイクをじっくり滲ませます。

左右に微動させアイラインやマスカラを落とし、最後はまつ毛の流れに従い優しく拭き取ります。これでひとまず8割程度のアイメイクを落とすことができます。(ウォータープルーフでない場合)

 

 

②またもやコットンにビオデルマを浸し、顔全体を優しく拭き取る

ファンデーションやアイブロウなど顔全体を拭き取ります。①で取り残したアイメイクもなるべくここで回収します。

 

Lisaの動画では、この段階でローションクレンザーに分岐しています。濃いめの化粧をしたらオイル、薄化粧ならローションと使い分けるらしいですが、動画では洗面台がないためローションクレンザーを使用しているようです。

 

私は、③でオイルクレンジングを使うのため、②と③で計2回もオイルクレンジングを使用する必要もないだろうということで、②では再度ビオデルマでクレンジングします。もちろん、肌質やメイクの量によってはミルク→オイルでもいいと思います。

ここで全体の8~9割のメイクが落とせているイメージです。

 

③いつものクレンジングで普通に洗う

全体を通しての洗い残しを取り除くため、仕上げにいつものクレンジングで確実にファンデーションを落とします。

①と②でほとんどの化粧は落とすことができているので、この時使用するクレンザーはプッシュ回数のマイナス1回分で良いと思います。3プッシュが推奨使用量なら、2プッシュで良いです。節約のためにも。

 

最終ステップなので、軽くマッサージをしながら(首まで撫でると尚良し)しっかり頑固汚れをやっつけ、ぬるま湯で洗い流して終了。(W洗顔不要のクレンジングオイルを使用しています)

 

 

以上です。3ステップにまとまりました!

アイメイクは独立して落とし、クレンジングのステップは2回に分けて確実に落としましょう、という丁寧なクレンジングです。

勝手にトリプルクレンジングと命名したいと思います。

 

 

私の今までのメイク落とし習慣は、お風呂場でアイメイクもリップも丸ごと一発で!という繊細さのカケラもないやり方でした。

口コミで評価が高い化粧品を使っているのに、普通に毛穴汚れびっしりだしなんで...と思考停止していたところ、Lisaの動画を参考にして基本に戻り、化粧落としのやり方を見直してみました。

今後はこのやり方でメイク落としをして、毛穴汚れの変化を見ていきたいと思います。

 

 

しかし、ビオデルマが加わった分クレンジングにかける出費が増えてしまいました。クレンジングオイルがマイナス1プッシュで良いというところを加味しても、なかなか大きい出費です。

このクレンジングで毛穴汚れが改善したら、次に購入するクレンジングオイルはもうちょっと安いものに変えてみようと思います。