干物女が意識高いことを書くブログ

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

「Vancouver Pride Parade 2012」に行ったときの話。本場のプライドパレードは伊達じゃない

初めての海外旅行は、修学旅行で訪れたカナダはバンクーバーでした。

それと同じルートを、大学3回生の夏に一人で辿りました。

 

 

当時の私のブームはずばり「同性愛」。

Lの世界のレンタルを制覇したり、梅田のLGBT映画祭に映画鑑賞に行ったり、それはもうレインボーに染まっていました。

そんな中、「本場のプライドパレード(ゲイパレード)をみてみたい!」と思うようになり、一度行ったことのあるバンクーバーなら一人で大丈夫だろう、という当時TOEIC500点台だった私は無謀にも、2度目の海外旅行で、単身カナダへ16日間潜りこんだのでした。

 

 

初のソロ旅行で航空券も宿も自分で手配した完全個人旅行でしたが、正直これといっておもしろいハプニングもなく(中東系のおじさんについてこられたことが2回、履きなれないミュールで足ボロボロ、想像以上の乾燥した空気で肌ボロボロになったことくらい)、2週間以上に渡る滞在は非常にのほほんとまったりしたものでした。

私の海外旅行のテーマはいつも、現地住民のように滞在する、なので、ホステルで異国の風を感じながらのんびりしたり、スーパーやモールをぶらぶらしたり...アクティブ派の人には到底理解されないと思いますが…。

 

 

プライドパレードの時期には、いろいろなLGBT関連の行事があちこちで行われます。

私が参加したのは、Terry Wallace Memorial Breakfastという募金イベントです。募金したらパンケーキとかジュースとか朝ごはんを提供しますよ〜というものでした。向こうのパンケーキは塩っけがあってメープルシロップとの相性がグンバツで最高に美味しい。これを経験すると、日本の量販店で手に入るホットケーキミックスは甘すぎて食べられなくなってしまいます。

 

f:id:anthy_p:20160921232144j:plain

ボランティアによる調理と盛り付け。ちょっと焦げすぎ?

 

メインのバンクーバープライドパレードですが、これはもう、さすが自由の国カナダというだけあって、すごかったです。おじさんがフルチンでフロートの後ろを練り歩いていたのは一番のカルチャーショックでした。

 

プライドパレードとは、多様性をお祝いするお祭りです。多様性がすごすぎてフルチンおじさんのように個性が爆発している人も多かったですが、それはそれでみんな幸せそうで、あのプライドパレードの独特な高揚感が、とても気に入っています。

 

動画も探してみるとたくさんありますね。フルチンおじさんも一瞬映っています

 

 

コンドームのばらまきとかスティッカーのばらまきとか、宣伝効果も絶大のようです。

 

プライドパレードだけでなく、街中はそこらじゅうレインボーだらけ。バス停の広告なんかも、ゲイ仕様になっていたり。

 

f:id:anthy_p:20160921233404j:plain

横断歩道までレインボー

 

f:id:anthy_p:20160921233435j:plain

 

バイアグラのフロートです。

スターバックスなど、様々な企業やテレビ局、警察や消防なども協賛しています。

 

f:id:anthy_p:20160921233550j:plain

夜までお祭り騒ぎ。どこもかしこもレインボーです

 

 

2週間以上滞在したので、他にもソルトスプリング島やビクトリアも訪れましたが古い記憶なので割愛。フェリーの旅は楽しいです。

 

 

道に迷っていると若い兄ちゃんが助けてくれたり、ユースホステルで出会った留学斡旋会社で働いていらっしゃる日本人女性と意気投合し、お食事に連れて行っていただいたりなど、人の温かさにも触れられる旅行でした。(お姉さん元気かなぁ)

こういった一期一会の出会いも、旅行の醍醐味ですね。

 

Lの世界の聖地も2ヶ所ほど巡りました。カフェプラネットと、ベットが勤めていた美術館(下写真)です。バンクーバーでも撮影が行われているんですよ!

 

f:id:anthy_p:20160921233627j:plain

 

 

カナダは移民の国、とりわけバンクーバーはアジア系の移民が大変多いので、街中ではアジア人をめちゃくちゃみかけるし、お店の看板も中国語やハングルがとても多いです。外国にいるのに外国にいる気がしない、なんとも不思議な気持ちになれる自由の国でした。

いつかトロントプライドもこの目でみてみたいです。

 

この一人旅を機に、意外と一人で外国にいけるもんだなと味をしめた私。その後もボッチ海外旅行は続くのでした。