干物女が意識高いことを書くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

【レビュー】カバーマーク トリートメント クレンジングミルク

長いことクレンジング力重視でオイルクレンジングを使っていましたが、今回は数年前に1本だけ使ったことのある「カバーマーク トリートメント クレンジングミルク」を再度購入。

 

f:id:anthy_p:20161029223443j:plain

 

当時は可もなく不可もなくという感想で、いろいろなコスメを使ってみたかったので1本使い終わったら別のものに乗り換えましたが、今もなお高評価が続くこのクレンジングミルク、やはり気になりまた使い始めました。

 

機能と効果

カバーファンデーションを落とすクレンジング力と、美容液成分を89%配合した保湿力を両立したクレンジングミルク。

肌に優しいクレンジングミルクで、潤いを残します。

 

使い方と使用感

■におい

オレンジにクリームを加えたような甘くておいしそうなにおいがします。

 

■使い方

手のひらに4~5プッシュで1回分。濡れた手でも使用できます。

顔全体に、特にアイメイクや小鼻によくなじませ、ぬるま湯で洗い流します。

オイルと比較するとどうしてもクレンジング力で劣りますが、その分丁寧に時間をかけてじっくりマッサージしながらメイクを落とせば問題ありません。滑りがいいので、摩擦もかかりません。

ダブル洗顔が推奨されています。

 

■使用感

ローションとクリームの中間のような軽い液体を分量を守り使用したら、ちゃんとマスカラ(お湯で落ちるマスカラ使用)もアイライナーもきれいに落とすことができました。

 

f:id:anthy_p:20161009121742j:plain

 

ミルククレンジングというのは特にアイメイクが落ちないイメージ、そして毛穴の汚れを落としきれないイメージがありますが、ダブル洗顔推奨の商品なのでこのクレンジングミルクはあくまで優しく化粧を落とす役割だけを担っていると考えれば問題ないのかな。

 

こうやって書いていて気付いたのですが、近頃クレンジングに多機能を求めすぎていたのかもしれません。クレンジングは化粧を落としてさえくれればいい、あとの毛穴ケアやトラブルケアは、洗顔などにバトンタッチするべきものなのであると...。

 

洗い流した直後はしっとりというか油膜がはったようななんとなく流しきれていないような感覚があります。ダブル洗顔推奨なので、次の洗顔で洗い流します。

 

総評

美容液成分89%配合のクレンジングミルクですが、ダブル洗顔推奨なら美容液成分すぐ流しちゃうしあまり恩恵がないのでは?という突っ込みはしてはいけません。

 

とりあえず、気に入ったので追加でもう1本追加で購入してみました。

長いことオイルクレンジングを使っていたので、短時間でスルッと落ちることに慣れていた私としては、肌を丁寧に扱い、マッサージしながらクレンジングをすると肌を労わっている気分になり、かつ結構リラックスできるので、スキンケアに大事な心持ち的なものを思い出した気分になりました。

 

なんでも時短の忙しない世の中ですが、スキンケアは時間をかけて丁寧に肌に施す、ということが大事だと改めて感じました。

 

 

◆追記(2016.9.19)◆

しばらく使用しましたが、毛穴の汚れが落としきれていないのか、詰まってきました。

毎日がっつりメイクしているわけではないのですが、やはり見えないところで洗浄力は不十分だったのでしょうか。オイルに戻して様子をみようと思います。

 

 

定価 3,240円(200g)

全成分

水、グリセリン、PEG-7グリセリルココエート、シクロペンタシロキサン、フェニルトリメチコン、エチルヘキサン酸セチル、ミネラルオイル、BG、カルボキシメチルキトサンサクシナミド、ホホバ油、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、加水分解水添デンプン、イソステアリン酸ソルビタン、イソヘキサデカン、カルボマー、グリコシルトレハロース、シトルリン、テトライソステアリン酸ソルベス-30、トリ(ベヘン酸・イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル、ポリソルベート60、アトラスシーダー樹皮油、オニサルビア油、オレンジ油、ニオイテンジクアオイ油、ノバラ油、パルマローザ油、ベルガモット果実油、レモン果皮油、ローマカミツレエキス、メチルパラベン

 

カバーマーク クレンジングミルク 200g

カバーマーク クレンジングミルク 200g