干物女が意識高いことを書くブログ

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

マフィア梶田目当てでシン・ゴジラをみてきたところ...(ネタバレ注意?)

やっと見てきました。「シン・ゴジラ」。

 

 

エヴァ世代の身としては庵野監督がゴジラを撮ったというだけで、普段怪獣映画を見ない私でもものすごく興味をそそられ、

普段視聴しているウェブラジオ「アニゲラ!ディドゥーーン!!!」でも、フリー素材として定評のあるパーソナリティのマフィア梶田氏が出演しているということもあり、よく話題にあがっていて絶対に観に行こうと決めていました。

 

 

予備知識も全くないまま、ゴジラはドリームキャストのゲームくらいしかやったことがなかったので、怪獣同士が戦い都市は壊滅、近未来高性能戦闘機と超人的な戦闘員たちがゴジラに立ち向かうというストーリーなんだろうなという王道な先入観のもと観に行ったところ、全然違う…

 

怪獣映画というより、ヒューマンドラマというか、ポリティカルフィクションというか、ゴジラという驚異(大災害)に対して、日本という国が立ち向かうという事実を、派手さはないながらも非常に現実的に描いた映画でした。

まさに、ニッポンVSゴジラ

 

日本をあらゆる側面から守る(ゴジラだけでなく、国際的な圧力からも)登場人物たちの強い思い、記憶に新しい大災害に見舞われた私たち日本人にしてみると、すごく胸が打たれるものでした。

 

専門用語が難しかったり、早口で聞き取れなかったところも多かったですが、何回か観てみて深く理解したいような、そんな映画です。

 

私が行ったときは、小さなお子さんはいませんでしたが、たぶん楽しめないと思います。非常に大人向けの、ずっしりとした恐怖感と、心の底から湧き上がるがんばれ!という気持ちを味わえる、とても良い映画でした。

 

 

ところで、

 

 だそうですが、見つけられませんでした…。