干物女が意識高いことを書くブログ

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

【レビュー】ローラメルシエ ルースセッティングパウダー

今回私が購入した「ローラメルシエ ルースセッティングパウダー」、完全にノーマークでしたが、あらゆる海外Youtuberの動画に触発されて購入してしまいました。

 

 

f:id:anthy_p:20160910134200j:plain

 

f:id:anthy_p:20160910134159j:plain

 

ルースパウダーはシャネルのもプードゥル ユニヴェルセル リーブルも持っているのですが、数年前に購入したもののなかなかなくなりません。初期投資は高いけど、ルースパウダーは長持ちします。

 

ふたつを簡単に比較

さて、「ルースセッティングパウダー」と「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」とを比較すると、前者が二回りほど小さい容器ですが、「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」は30g、「ルースセッティングパウダー」は29g入りです。

シャネルは容器がザ・シャネル!という感じで刷り込まれた高級感がありますが、ローラメルシエの方はこうやって見てみると地味ですね。でも、よく見てみると蓋がキラキラしていて結構おしゃれ!

 

ローラメルシエの方はパフは付属していません。私はブラシで付けるのでパフはなくても問題なしです。

プードゥル ユニヴェルセル リーブルに付属していたパフは、一度洗濯機にかけたらゴワゴワになって縮んで失敗してしまった経験があります。高いんだからもっといいやつ付けてくれさい!

 

f:id:anthy_p:20160910134158j:plain

左が「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」、右が「ルースセッティングパウダー」

 

粉を見てみると、「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」の方がピンク味が強く、「ルースセッティングパウダー」の方が黄味寄りのようです。

まあ、肌にのせるとどちらも白い粉なのですが、私は「ルースセッティングパウダー」の方が好みでした。

 

そのように感じる主な理由は、

・粉付きがきれい、浮かずによくなじむ

・セミマットの仕上がり

・刺激がない・乾燥しにくい気がする

・なにより(デパートコスメのルースパウダーの中では)安い

からです。

(シャネルの方も饒舌に語れるほど使い込んだ訳ではないのですが...)

 

ローラメルシエのルースセッティングパウダーは、朝つけて夕方になっても崩れが目立たず、一日ベースメイクがきれいにもって感動しました。

 

私はエレガンス ラ プードル オートニュアンスⅠを旅行用に時々使うのですが、こちらは肌が内側からふんわり発光したように美しくみせてくれて、ローラメルシエのルースセッティングパウダーとはまた異なった仕上がりを見せてくれます。しかし、そちらはそちらの仕上がりの良さがあるのですが、乾燥するんですよね...。

 

ルースセッティングパウダーは乾燥せず、セミマットに仕上がるので、ハイライトをのせてもやりすぎな感じにならないし、どんなTPOでも使える汎用性が高いベースメイクに仕上がるように感じます。

かといって、ツヤ系のファンデーションを使用していればきれいにツヤ感を引き出してくれますし、ファンデーションの良さを引き出してくれるような、良い働きをしてくれます。

 

この働きでシャネルやエレガンスのパウダーよりだいぶお値段も落ち着いていますので、メイン使いにはお財布に優しいこちらをしばらくは使用しようと思います。

 

いやあ、書いてみてあれですけど、パウダーのレビューって難しいですね!

 

 

定価 4,752円

全成分

タルク、ミリスチン酸Mg、ナイロン-12、トリグリセル、パルミチン酸エチルヘキシル、コーンスターチ、デヒドロ酢酸Na、メチルパラベン、グンジョウ、ラウロイルリシン、酸化鉄、プロピルパラベン、ポリメタクリル酸メチル、ブチルパラベン、パルミチン酸アスコルビル、ダイズ油、トコフェロール、メチコン

 

ローラ メルシエ ルースセッティングパウダー トランスルーセント