干物女が意識高いことを書くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

干物女が意識高いことを書くブログ

あぐらで更新してます

【レビュー】ローラメルシエ ルースセッティングパウダー

大御所ルースパウダーといえば、シャネルの「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」だと思っていますし、実際持っています。今回私が購入した「ローラメルシエ ルースセッティングパウダー」、完全にノーマークでしたが、あらゆる海外Youtuberの動画に触発されて購入しました。

 

 

 ルースパウダーって基本的に持ち運び用ではないので、家でも使えて持ち運びもできる「エレガンス ラ プードル オートニュアンスⅠ」を長いこと使用していました。

このエレガンスのプレストパウダーは言わずもがな非常に人気の高い上品なパウダーですね。ヴェールをまとったような白さ、柔らかさを出してくれるどちらかというとツヤ寄りのプレストパウダーなのですが、最近メイクの趣向がマット寄りに変わり、新しいパウダーを探していました。

 

よく考えればプレストパウダーのコンパクトを持ち歩いてはいるけど、全然化粧直しなんて出先でしないし、持ち運べないルースパウダーでも問題ないのでは、と結論に至り、ルースパウダーも購入候補に。

そして、ローラメルシエの「ルースセッティングパウダー」を購入しました。

 

f:id:anthy_p:20160910134200j:plain

 

f:id:anthy_p:20160910134159j:plain

 

ルースパウダーは先述の「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」を持っているのですが、数年前に購入したもののたまにしか出番がありません。

 

さて、「ルースセッティングパウダー」と「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」とを比較すると、前者が二回りほど小さい容器ですが、「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」は30g、「ルースセッティングパウダー」は29g入りです。

シャネルは高級感がありますが、ローラメルシエの方はこうやって見てみると地味ですね。

 

パフは付属していません。

プードゥル ユニヴェルセル リーブルに付属していたパフは一度洗濯機にかけたらゴワゴワになって失敗してしまった経験があります。高いんだからもっといいやつ付けてくれさい!

 

f:id:anthy_p:20160910134158j:plain

左が「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」、右が「ルースセッティングパウダー」

 

 

両者を比較すると、「プードゥル ユニヴェルセル リーブル」の方がピンク味が強く、「ルースセッティングパウダー」の方が黄味寄りのようです。

まあ、肌にのせるとどちらも白い粉なのですが、私は「ルースセッティングパウダー」の方が好みでした。

 

そのように感じる主な理由は、

・粉付きがきれい

・白浮きしない・なじむ

・セミマットの仕上がり

・刺激がない・乾燥しにくい気がする

からです。

(シャネルの方も饒舌に語れるほど使い込んだ訳ではないのですが)

 

ルースパウダーって、仕上げに使うと逆にベースメイクが汚くなってしまうことがよくありました。なぜかなじまずまだらになってしまったり(特に鼻の頭)、乾燥して粉ふくし...。

でも、このルースセッティングパウダーは朝つけて夕方になっても崩れが目立たず、一日ベースメイクがきれいに持って感動しました。長く愛されるものには理由がありますが、今回のパウダーはそれがよく理解できました。

 

また、ルースセッティングパウダーはセミマットに仕上がるので、ハイライトをのせてもやりすぎな感じにならないし、どんなTPOでも使える汎用性が高いベースメイクに仕上がるように感じます。かといって、ツヤ系のファンデーションを使用していればきれいにツヤ感を引き出してくれますし、ファンデーションの良さを引き出してくれるような良い働きをしてくれます。

 

この働きでシャネルやエレガンスのパウダーよりだいぶお値段も落ち着いていますので、メイン使いにはお財布に優しいこちらをしばらくは使用しようと思います。

 

いやあ、書いてみてあれですけど、パウダーのレビューって難しいですね!

 

 

定価 4,752円

全成分

タルク、ミリスチン酸Mg、ナイロン-12、トリグリセル、パルミチン酸エチルヘキシル、コーンスターチ、デヒドロ酢酸Na、メチルパラベン、グンジョウ、ラウロイルリシン、酸化鉄、プロピルパラベン、ポリメタクリル酸メチル、ブチルパラベン、パルミチン酸アスコルビル、ダイズ油、トコフェロール、メチコン

 

ローラ メルシエ ルースセッティングパウダー トランスルーセント